看護師のブランクと再就職

看護師のブランクと再就職の基礎知識をご紹介!


看護師のブランクと再就職

結婚や妊娠を機に看護師を辞め、その後看護師に復帰をした方も少なくないと思います。またその一方で看護師に復帰をしたくて、復帰はまだ無理だろうと考えている方もいます。特に看護師を辞めたブランクが長いと、そんな状況での再就職には当然のことですが迷いもあります。

ブランクが長いと実際にどこかの病院などに再就職できたとしても、すぐには患者さんに点滴や注射などの処置をさせてもらえないのではないかと心配になります。また看護師を離職していたブランクが長いと医療技術の変化や進歩で、医療行為に不安を抱えている看護師の方もおおぜいいらっしゃいます。

また医療行為の問題だけでなくまだまだ手のかかる幼い子供さんがいたりすれば、看護師の仕事と育児を両立することができるのかと心配する方もいます。看護師の仕事が大変なことは看護師であれば誰でも理解しているだけに、ブランクからの再就職には二の足を踏んでしまいます。

ただ今はブランクのある看護師の方を対象にした、研修制度を用いている病院などはたくさんあります。病院でなくても地域の看護協会が、再就職セミナーなどを開催しています。再就職セミナーなどでは医療の実技や、現在医療に関しての講義などが行われています。

またまだ手のかかる幼い子供さんを抱えている場合には、子供さんを保育園や幼稚園に預けている時間帯だけのパートなど、看護師の転職支援サイトで見つければいくらでも探せます。総合病院や大学病院など大きな病院だと、パートで働き始めても忙しい時などはついつい残業を頼まれたします。しかし小さめのクリニックなどの市中病院であれば、入院患者さんもいないので定時で帰ることもできます。

たしかにブランクが長かったり幼い子供さんを抱えていると、再就職することの大変さを痛感するかもしれません。しかし不安は大きくても再就職すれば、自分の努力次第でなんとかなるもんです。もちろん再就職する看護師のための研修制度やサポートがしっかりしている病院や、子供が病気になったり幼稚園などの行事の時でも休みが取れる病院を選ぶことが大事です。

「案ずるより産むが易し」という言葉があります。いろいろ悩むよりも、実際に行動を起こすことが大事だという意味です。行動を起こしてたとえ問題が起きたとしても、その時点でまた考えれば済みことです。考えずに行動を起こすことよりも、悩むあまり何も行動を起こさないことのほうが問題です。

認定看護師求人