認定看護師

認定看護師を目指しているあなたへ


認定看護師を目指しているあなたへ

認定看護師っていう名前を聞いたことありますか? ちょっと馴染みのない名前かもしれませんね。簡単に説明しましょうか。 認定看護師っていうのは要は「能力の秀でた看護師」のことです。 特定分野の看護経験があり、特筆した能力を看護協会に認められた存在なんですね。 普通の看護師より上ってことです。 実際認定看護師の免許をとったことで昇給したって人もいます。

でもちょっと待った。認定看護師になったからといって今働いている病院がはたしてその能力を認めてくれるかどうかはわかりません。 認定看護師だからと優遇されている人ばかりかといったらそういうわけでもありません。 なので、認定看護師の免許をとってもそれが「その病院」で有利にはたらくと過信してはいけません。

じゃあどうすりゃいいのかっていうと、つまりは転職です。 認定看護師の力を必要とし、その対価を払う!といっている病院や医療機関などへ転職するのです。そうすればその力を存分に発揮することができるでしょう。

また認定看護師の勉強をしたいけど、今の病院の仕事が忙しすぎて勉強できない!って場合も転職を選ぶといいかもしれません。今はアルバイトの看護師の仕事もあります。そういったところを選び、自分の時間を十分に取れる状態にしてから勉強にのぞめばその結果は自ずとついてくるはずです。

今、認定看護師を目指している人は多くいるって言います。そりゃあそうですよね。自分の力がそうやって認められるっていうのはどんな形であっても嬉しいものですから。 だからこそ転職という手段をうまく使って自分のなりたい看護師へ向かってステップアップ、スキルアップ、キャリアアップしていくのがいいんじゃないかなって思いました。

看護師だって自由な時代になってきているんですから。

>>透析看護師の転職関係の話のまとめ